この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

キャリアアップしたい人

資格はやりがいの大きな仕事につながる

資格を持っていれば、キャリアアップすることも可能です。
何も資格を持っていないと、簡単な仕事しかできません。
いつまでも地位が低いままですし、給料も変わらないでしょう。
ずっと建設現場で働いていると、次第にやる気を失ってしまうと思います。
建築士や建築整備士などの資格があれば、様々な仕事に挑戦しつつ自身の技術を磨き、知識を蓄えていくことができます。

これが、キャリアアップに繋がるといっても過言ではありません。
どんどん上の立場に行くというように明確な目標があれば、常にやる気を出して仕事に取り組めます。
キャリアアップするごとに責任感の大きな仕事を任されるようになるので、やりがいも得られるでしょう。
自分の仕事を、誇りに思うはずです。

上の立場になるための資格

建設工事をまとめる立場を、監督と呼びます。
監督を目指すなら、建築施工管理技士の資格を取得しましょう。
この資格があれば、建設工事現場の計画書を作成できます。
どの作業を誰に任せるのか、どのような日程で進めるのかなども決められるようになります。
現場を管理するので、責任感が非常に大きい仕事であることは間違いありません。
工事の内容だけでなく作業員のスキルや性格を熟知することが、現場全体をまとめるコツです。

建築施工管理技士には、1級と2級が存在します。
2級は建物の解体工事と、建設工事の場合のみの監督になれます。
鉄筋工事や塗装工事など、他の様々な工事の監督もできるようになりたいなら、難易度は高いですが1級の資格を得ましょう。