この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

就職しやすくする裏ワザ

採用される確率がアップする

求人に応募すると、次に面接という段階に進みます。
その時に自分に熱意があることや知識があることをアピールすると、優秀な人材だと相手にも伝わるでしょう。
言葉で説明するだけでは信ぴょう性も低いので、資格を所持していることを伝えてください。
例えば建築士という資格があると、専門的な知識や技術があるとすぐに伝わり、どのような建築現場でも活躍できるようになります。

会社にとっての即戦力になるので、採用してもらえる確率もあがるでしょう。
ちなみに建築整備士の資格は、1級と2級、木造建築士と種類があります。
木造建築士や2級の資格だけでは、大きな建物の建設に携わることはできません。
最初はそのような資格を得ても満足せず、最終的に1級の資格を得ることを目標にしましょう。

建築整備士の資格と仕事

自分に建築の知識が豊富にあるとアピールする時には、建築整備士の資格を見せるのが最も手っ取り早い方法です。
建築整備士は建物の設計や工事に関するアドバイスをすることが仕事で、建築士よりも価値があると言われている資格です。
しかし試験に挑戦できるのは4年生大学を卒業しており、1級建築士の資格を持っていること、さらに建築現場の実務経験が必須です。

最初は建築士の資格を取得して、次に建築整備士の資格を取得するという流れになりますね。
実際に建築整備士になったら、わかりやすい言葉でアドバイスをするように意識していくことが必要でしょう。
例え知識があっても、それを周囲にうまく伝えることができなければ意味がありませんし、自分に対する信用が低くなってしまいます。